• HOME > 
  • 包茎について
診療案内
包茎でお悩みの方
包茎について
包茎手術
パワーアップ
亀頭強化
長茎術
早漏対策
その他の治療
性病治療
ED(男性機能低下)
男の美容治療
レーザー脱毛・男性美容
薄毛・抜け毛の再治療法
(ハーグ治療)
横浜中央クリニック

神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)

包茎について

「包茎」とは非勃起時(普段)亀頭部に包皮が覆われている状態を言います。
包茎は病気ではないので、必ずしも治さなければならないわけではありません。
しかし、見た目・機能面・衛生面においてマイナスになることが多いため、悩んでいる男性は少なくありません。
種類によっては勃起すると痛くなる場合もあるため、SEXに消極的になるなどのデメリットがあります。

包茎は治した方がいいの?

日本人に最も多いとされる仮性包茎は、症状が軽い場合なら必ずしも手術をする必要はないのですが、カントン包茎、真性包茎は性交渉に支障を来たす恐れがあるため、一刻も早い治療をお勧めします。

包茎手術のメリット

(1)
亀頭と陰茎にメリハリができ、見た目が良くなります。
(2)
亀頭が露出するようになれば、濡れ湿った不衛生な環境は改善され、臭いや汚れのない乾燥した状態になります。
(3)
パンツ等に直接触れるようになった亀頭は、硬く張り出します。過敏な状態から強い亀頭になりますので、早漏でお悩みの方はコントロールしやすくなります。
(4)
皮のダブつきがなくなった分、相手への刺激は、より効果的なものとなり、パワーアップに役立つ事でしょう。

どんな方法で治すの?傷跡は残らないの?

中央クリニックグル-プが学会で発表し今現在、多くのクリニックの手本となっている包茎手術、亀頭直下埋没法。勃起時を想定し(勃起させなくても、計測できます)包皮を計測いたします。通常時には被らず、勃起時に皮が足りなくならないように正確にデザインし、亀頭からすぐ下の薄い粘膜(内盤包皮)を取り除き、亀頭のすぐ下で縫合します。また、根部手術もあります。

手術は痛くないの?

横浜中央クリニックの包茎手術は、患部のみの治療なので全身麻酔をする必要はなく、局所麻酔で行います。
包茎手術では、最初に直接ペニスの根元へ局所麻酔を注射し、全体の感覚を和らげます。
その後、計測したデザインに沿って包皮にも局所麻酔を注射し、完全に痛みを感じなくなった状態で包皮をカットしていきます。このように2段階で麻酔を行うことで麻酔の痛みが軽減できチクッ程度の痛みしか感じません。
また、局所麻酔での包茎手術は麻酔に関する負担が少ないため、入院は必要なく術後すぐに帰宅することができます。

※局所麻酔は包茎手術の費用に含まれいますので、麻酔代が別途かかることはありません。

治療費はいくら?

手術名 通常料金 備考

各種お支払い方法

各種クレジットカード、秘密厳守の医療ローンなど、ご都合にあった無理のない方法をお選びいただけます。その他、頭金無しの分割制度1回~84回払い(学生の方でも可能です)もお申込み頂けます。請求書・確認書類は、ご自宅には届かせないこともできます。

クレジットカード AMERICAN EXPRESS MasterCard VISA Diners Club International

お電話または、メールにてお気軽にお問い合わせください。

  • 0120-324-871
  • メール相談をする
  • カウンセリング予約をする